Death in the English Countryside

「イギリスのというか英語圏での恋愛小説の鉄板はJane AustenのPride and Prejudiceである」と断言しても文句を言われることはかなり低いのではないでしょうか。それくらい普遍的に人気があります。そして、その人気をますます不動にしたのがBBCのmini series「Pride & Prejudice」。このシリーズが製作されたのは1995年とかなり前ですが、元々時代物なので色あせることがなく、何度も再放送されたり話題になったりしていて、リアルタイムで観たことがない世代でも知ってる人気番組です。恋愛物のため、女性限定だと思うかもしれませんが、授業でJane Austenを学ぶときに本を読むだけでなく、DVDを観ることもあるので、男性でも学生時代にAustenの話の中でもこの話は読んだ・観たという人が多いです。

小説「Pride and Prejudice」自体が人気のある話しなので、これに関連した映画やドラマも数多くあります。が、BBCのmini seriesが基準となっていて、必ず比較されます。BBCに沿った雰囲気にするか離れるかが、製作者の腕の見せ所になっているのかもしれません。

で、このお話は、新たに作るPride and Prejudiceの映画のために、撮影に適した家や背景を調査に行き、行方が分からなくなった上司を探しに行く所から話が始まります。上司を探しにアメリカからイギリスに向かうときに、スーツケースに最初に入れたのが、傘というのが、笑ってしまいました。でも、実際にはイギリスでは、傘よりもウインドブレーカーを着て歩き回る人の方が多い気がします(私がいる地域だけかもしれません)。

イギリスの郊外やパブの雰囲気がよく出ているし、AustenやBBCのドラマが好きだった人には楽しいミステリー小説です。

Murder on Location シリーズとして7作出ているようです。

Death in the English Countryside
by Sara Rosett

英語ブログ 英語リーディング

広告

Bought: One husband

軽くて、かわいい話が読みたい気分で、こちら読みました。

失った家を取り戻すため、モデルになってお金をためていたAli。その家が手に入る条件は3週間以内の結婚。この条件を満たすために彼女が、契約だけの結婚を提案したのは、彼女に好意をもっている窓ふき屋さんのJethro。ボロボロの車に乗って、いい年をして祖父母と住んでいる彼ならきっとこの話を受けてくれると思いきや?

イギリスのお話です。基本的には「親と同居=自立していない=財政的に苦しい」等、良い印象がないのが普通です。このお話でも、祖父母と住んでいる=お金に困っている、とAliは思い込んでいます。最近の経済事情では、大学を出て親と住んでいるイギリス人も珍しくはありませんが。Jethroの話し方から、良い学校を出でいると推測するのも、とてもイギリス的。意識しなくてもイギリスでは、話す人の英語を聞いて、階級とか学歴をなんとなく推測してしま癖が誰でもある気がします。もちろん、本人に聞いて確認したりはしませんが、話している英語を聞くだけで、日本語で言う「お里が知れる」という感覚があります。

この本は日本語にもなっていてタイトルは、僕だけを愛して。タイトルが違うだけで、印象が変わってしまう。おもしろいです。

Bought: One Husband (Wedlocked!)
Diana Hamilton

英語ブログ 英語リーディング

The Mapmaker’s Apprentice

一作目がとても良かったので、2作目も期待してたのですが、ちょっと間延びした感じと、探し物をしたり罠にはまったりしてる時の稚拙な感じがあり、一作目に比べるとがっかりした感じがあります。

ミステリーとして読むとがっかりして、ロマンスとして読むと引っ張られてる感があり、ファンタジーとして読むと続きが気になります。

テーマは面白いのです。1作目は時計職人、2作目は地図職人。4冊あって、あと2冊。読み続けるか悩み中です。

The Mapmaker’s Apprentice (Glass and Steele Book 2)

英語ブログ 英語リーディング

The Watchmaker’s Daughter

やばい、眠れない。本を読み始めた瞬間から、物語の世界に入り込んでしまい、何回も眠ろうとしては、また本に戻ってしまいました。

タイトルから、てっきり、イギリスの時計職人の娘の人生みたいな本だと思い込んで読んだら、ファンタジーでした。

時計職人の父親を亡くしたIndiaは、婚約者に騙されて家も仕事も失います。全てを婚約者に奪われ、婚約も破棄されたIndiaは、アメリカから時計職人を探しにやってきたMatthew Glassと出会い、謎の時計職人を探す手助けをはじめます。

物語の初めから謎が多く、時計職人も謎だし、Mr Glassがどんな人なのか、アメリカで何をしていたのか分からないし、父親が死んだら手のひらを返したように父親の仕事仲間の態度が冷たくなったことも意味が分からないし、Indiaは途方にくれます。そして、たすけてくれてるMatthewも謎が多く、胡散臭い。

Indiaの自立心の高い所が好きです。

The Watchmaker’s Daughter (Glass and Steele Book 1)

英語ブログ 英語リーディング

I’ve got your number

Sophie Kinsellaが描く女の子は、イギリスにいたらどこにでもいそうな女の子。自分に自信がなかったり、上司が怖かったり、家族や友達や彼氏とうまくいかなかったり。誰もが身近に感じられるそんな女の子が主人公になっていて、だから、読み始めると、イライラすることがあります。考えのない行動をしたり、言ったり、まるで自分のように浅はかな主人公を応援したくなるより、ムカついてしまうのです。

今回の主人公Poppyも、そんな感じの女の子です。理想の彼氏Magnusとの結婚を控え、幸せいっぱい。結婚式の準備などで慌ただしい毎日を過ごしている中、ホテルのイベント中に大事な婚約指輪をなくしてしまいます。悪いことが重なって、携帯電話も盗まれてしまい、指輪を探す大事な連絡手段を失ってしまい、進退きわまった彼女がふと見つけたのはロビーのごみ箱にはいっていた携帯。その携帯を拝借していまったところ、思わぬ事件にPoppyは巻き込まれていきます。

彼女の本はユーモアがあってロマンティックコメディの王道だと思います。すぐ読めて、笑えて、ハッピーになれます。気持ちが鬱々しているときには特効薬です。Can You Keep A Secret?も気に入って何度も読んでいるのですが、今回の本も読み終わってすぐに読み返しました。

I’ve Got Your Number: A Novel
By Sophie Kinsella

英語ブログ 英語リーディング

Death Wears a Mask

Amoryシリーズの2作目です。3作目の短編「Intrigue in Capri 」を読んだら、その前を読みたくなって読み直しました。1930年頃のイギリスが舞台で、1作目はイギリス郊外のBrightonが舞台でした。今回はロンドンの仮面舞踏会で事件は起こります。

ミステリーがアガサ・クリスティーのような雰囲気で進んでいくのも面白いのですが、私がこのシリーズが好きな理由は、AmoryとMiloの関係です。何を考えているのか全く分からないMiloとの夫婦生活は破綻しており、もう修復できないくらい冷え切っていた1作目の最初から、徐々にそうでもないのかも?という気分にさせられて1作目が終わり、2作目ではまたMiloの気持ちが読めません。Amoryと一緒に、Miloの言葉や行動に一喜一憂します。AmoryがじっとMiloを見て、何を考えているのか読み取ろうとしているのと同じように、私も文面からMiloの行動や言動を読み取ろうとしています。

このシリーズはまだ後2作出ていて、ゆっくり楽しみながら読んでいくつもりです。
Death Wears a Mask (Amory Ames)

英語ブログ 英語リーディング

Intrigue in Capri

好きなシリーズ物Amory Ames mysteryの短編です。

デビュー作のMurder at the Brightwellがこのシリーズの1作目で、この話はアメリカの文学賞であるEdgar Awardsの最終選考に残っています。このシリーズの雰囲気はアガサ・クリスティーの時代1930年のイギリスです。

今回は二人はイタリアのカプリにいます。4作目になると、無鉄砲なAmoryとそれを抑えるMiloというのが定着してきた気がします。

Intrigue in Capri

英語ブログ 英語リーディング