Simon vs. the Homo Sapiens Agenda

16歳のSimonは家族にも友達にも言えない秘密があります。そのことを唯一話せるのは、偶然SNSで知り合った同じ学校のBlue。メールを通して、顔も本名もしらないBlueと悩みを共有し、冗談を言い合うことで、寂しさや誰にも言えなかった秘密との折り合いをつけています。ところが、Blueとのメール内容を学校の同級生Martinに読まれてしまったことで、Simonが大事にしていた世界が少しずつ変わってしまいます。

Simonの秘密、それは自分がゲイであること。Martinにこのことをばらされてしまったら、家族や友達の反応も気になるし、せっかく仲良くなったBlueにも迷惑がかかったり、Blueが怯えてメールをしてくれなくなったりする可能性もあります。SimonはMartinからのメールの内容をばらされたくなかったら…という脅しに逆らえず、自分の友達のAbbyとMartinが仲良くなるような手助けをします。このことが、Simonの友達や幼馴染の微妙に保っていた均衡をくずしていきます。

Simonの目を通して綴られるSimonとBlueの関係、Simonの学校生活、友達、家族、どれも16歳ですよねー、悩みますよねー、こんなことありますよねー、とSimonを身近に感じました。

Simonの気持ちに寄り添って物語を読んでいたので、Blueが一体誰なのか、周囲の誰もがBlueなのかもしれないと観察し始め、Blueの一言一言にS一喜一憂し、Blueの用心深くなかなかヒントをくれないことにイライラし、そして、Blueが誰かわかったときには、もう一度初めから読んで、BlueがBlueだっかヒントが散らばっていないか確認しました。

著者は以前clinical psychologist(臨床心理士)として、特に子どもと10代の人たちの“こころ”の問題にに取り組んでいたそうです。心の専門家として子どもたちや家族の悩みに接していたことがこのお話に臨場感を持たせているのかもしれません。例えば、Simonが不本意なタイミングで,自分がゲイであることを家族や友達に伝えた時、その時のSimonの気持ちや家族・友達の反応、同級生のからかい、そして学校の対応などは、実際に著者が接したことのある相談や経験を参考にしているのでしょう。

私はカミングアウトの経験がなく、この点についてのSimonの心の格闘を想像し共感するしかできません。後、online上でしりあい、実際に会う前に好きになるという経験もないので、この点についてBlueが誰かわかって顔を見ながら話したときに差異や違和感を感じたりしないのがとても気になりました。でも、これらはSimonとBlueが上手くいって、孤独を感じていたSimonとBlueに彼氏ができるという楽しい気分を味わってもらいたいという私の勝手なおせっかいで、16歳の男の子にかなり感情移入してしまいました。

Simon vs. the Homo Sapiens Agenda
By Becky Albertalli

英語ブログ 英語リーディング

広告

Kiss Quotient

夜中にふと買ってしまい、面白くてそのまま徹夜して読んでしまいました。そして、その後も2回読み。Goodreadで Romance Book of the Year, 2018をとったそうです。納得。

この本のユニークなところは、Autism(自閉症スペクトラム障害)の女性がAutismの主人公を描いたロマンス小説だというところでしょうか。

Stella Laneは、優秀な計量経済学者。仕事が大好きで、毎日きまったルーティンで生活し、穏やかに暮らしています。そこに母親から、孫が欲しい要請。子供を産むためには、まず子どもを作ることをしなくてはいけません。対人スキルが極めて低く、知らない人と接するのも苦手なStellaにとってはかなりの難問。そこで彼女は、その分野の専門家にコーチをしてもらうことを思いつきます。

自分の外見( ベトナム系の母親とスウェーデン系の父親)を活かし、エスコートの仕事しているMichael Phan。金銭問題や家族のことで縛られ、身動きができなくなっています。

そんな二人が出会って、ドキドキして誤解して、結末はわかっているけど面白い。

Stellaは、自閉症だということを言えば納得してもらえることでも、そこは自閉症だから、可哀そうだからと納得してほしいのではなく、自分の個性なのだと思ってほしいとMichaelに自分の症状を隠しています。

あとがきにも書いてありましたが、女性と男性では同じAutismでも症状の出方に違いがあり、女性の場合、Autismだとわからず、会社や学校で対人関係で苦労している人もいるようです。作者のHelen Hoangも、自分の娘がAutismがと診断され、その症状について調べているうちに、実は自分自身がAutismだったことが判明し、子供の頃から苦労していた色々なことに納得がいったそうです。ただ、読んでいて、この本がAutismの人が書いたという印象は全く持ちません。Autism=人の気持ちが想像できない、空気が読めない、といった認識が私の中にあったのですが、この本をよんでいると、Michaelの気持ちも、Helenの気持ちも十分に感情移入できます。描き方も自然です。それは、作者のHelen Hoangが今まで苦労して築いてきた社会的なスキルと観察によるものなのかもしれません。そういった意味でもデビュー作といった感じが全くしないです。次作も読みたい。

StelleもMichaelもすごく魅力的に書かれていて、読み終わるのがもったいない気分になります。

The Kiss Quotient
By Helen Hoang

英語ブログ 英語リーディング

 

Brighton Honeymoon

1作目のThe Weaver Takes a Wifeが面白かったので、勢いで2冊目を読みました。

ようやく両想いになり、新婚気分がでてきた二人が、Brightonへの新婚旅行にいくのが今作。

でも、そうはうまくはいきません。Mr Brundyの妹だという女性Pollyが家に突然現れ、信じないMr Brundyと信じてしまうHelenの喧嘩が勃発します。上流階級の中でもIce Princessと評される美貌と辛らつな口で相手をやりこめていたHelenが、今作では毒気が抜けて人がよくなっしまい、ちょっと残念。
新婚旅行にPollyを同行することになります。そんなMr Brundyをかわいそうに思った友人のAubreyが新婚旅行先に母親を伴って現れ、2人きりの新婚旅行のはずが、他の人に振り回され、Mr Brundyはご機嫌斜め。

妹だといってMr Brundyの前に現れたPollyですが、私には好ましいし主人公とはいいがたいです。父親がおらず、母親の「この子の父親は高貴な家の方だ」という言葉のみで、ロンドンに来たら父親に会えると思い込むところや、仕事もなくなり住む家に困って、Mr Brundyの家に妹だと嘘を言って入り込むとこなんて、計画性がなく図々しいだけな気がします。

そんな彼女が最後には幸せになってしまい、なんだかなーと納得いかない気分にはなるのですが、所々ででてくるMr BrundyとHelenの掛け合いが好きで、ついつい最後まで読んでしまいました。

Brighton Honeymoon (The “Weaver” series Book 2) (English Edition)

英語ブログ 英語リーディング

Wildfire

Hidden Legacyシリーズの3作目Wildfire

3作目になると、登場人物も多くなり、この人誰だっけ、どんな魔法使うんだっけ?と、ついていけなくなることも。魔法の種類も多くて、多岐に渡っているのですが、誰もが何かに特化していて、どんなに強いPrime(魔法を使う人たちの中でトップクラスの階級)でも万能ではないのがある意味公平です。

1作目からNevadaは家族の大黒柱として、様々な経済的な問題や危機を潜り抜けながら、父親から受け継いだ探偵事務所を小さいながらも堅実な評価をうける事務所にまで築きあげました。

今回はNevadaの特殊能力が父方の家系からきており、今まで存在すら知らなかった祖母が家の存続のために動きだします。祖母の言いなりなれば、家族が今のままでいられないことを知ったNevadaは、祖母の家(House)には入らず自分たちだけのHouseを立ち上げようと、今まで隠していた自分や家族の力を公にし、新しいHouseの登録を申請します。もちろん祖母はそのことをよく思わず、Nevadaを拉致し自分のHouseにひきこもうと何度も試みます。

同じ時に、Roganの元婚約者Ryndaの家庭が危機に見舞われます。夫が誘拐され、家も襲撃され、RyndaはNevadaに問題解決を依頼し、Roganにも助けを求めます。1作目から引き続く巨大な敵の影をこの誘拐の裏に感じるRoganとNevadaは、協力し解決していきます。

3作目にしてようやく知る秘密もあったりして、RoganがNevadaに「もう隠していることない?」と聞いたのと同じ気分を読者も味わえました。

今回で完全に終わるのかと思ったら、真の敵の正体はわからないままで終わり、次につながりそうです。でも、きりはよく終わっているので消化不良はおきていません。

Wildfire
by Ilona Andrews

この本も読みました。
White Lace and Promises
Chasing Memories

英語ブログ 英語リーディング

White hot

Hidden Legacy Seriesの2作目。1作目の時も感じたのですが、この本は表紙が誤解を与えると思います。コテコテのロマンス小説のような男女が絡んでいる表紙は、この内容とはちょっと合いません。まぁ、ロマンス小説ではあるけれど、そんなシーンよりもアクションシーンの方が多いし、読者層がずれないのか心配です。

Nevada の特殊能力が1作目より強く絡んできます。1作目では強くて傲慢なところが強調されてdark heroが売りになっていたRoganも2作目になると、違う面も出てきて、人物描写に深みが出てくるのがシリーズ物の良い所ですよね。

シリーズ物でも1作目できちんと話が完了しているので、私の嫌いな良い所でプツリと切られるcliffhanger状態で読了することがありません。でも続きが気になって、1作目、2作目と読んでしまいました。3作目のWildfire: A Hidden Legacy Novelで完結するようで、現在3作目ちょっとだけ読み始めました。Roganの元カノが絡んでくるし、今まで没交渉だったNevadaの祖母が出現してくるし、NevadaとRoganの関係にこの2人がかなり影響を与えそうです。

作者のIlona Andrewsは、IlonaとGordonという夫婦のペンネームで、Ilonaはロシア生まれ、Gordonがアメリカ陸軍の元communications sergeant。それだけでドラマになりそうな展開でドキドキなのですが、実際の二人の出会いは大学の英語の講義だとか。しかも、ロシア生まれのIlonaの成績の方がよかったという落ちまであるそうです。

white hot
by Ilona Andrews

英語ブログ 英語リーディング

Burn for Me

Hidden Legacyシリーズの1作目。

家族経営の小さな探偵事務所を細々とやっているNevadaは、途方もない無理難題を押し付けられます。世間をにぎわしている犯罪者Adam Pierceに業を煮やした金持ちの家族から、彼が警察に捕まる前に母親に彼を差し出すこと。できなければ、Nevadaの大事な仕事も奪われ、家族が路頭に迷うことになります。しかもAdamは、魔法を使える人間の中でも最高位のPrimeで、見る物・人全てを思いのままに燃やしてしまう、危険人物。断ることもできず、NevadaはAdamと接触を図ろうと調査に乗り出します。そして、もう一人の危険人物Connor “Mad” Roganと遭遇してしまうのです。

登場人物や世界観が面白くてスイスイ読めました。Amazonでのレビュー数も多く評価も高いです。

この本の作者Ilona Andrewsは、Gordon とIlona Andrewsというご夫婦のペンネームだそうです。漫画だと話を作る、絵を描くなどの分業が想像できるけれど、小説の分業化はどんなふうに役割分担するのでしょう。男性の視点と女性の視点が入っている小説なのかもしれませんが、小説の形態はほぼ女性であるNevadaの一人称で、男性目線で書かれている感じがしません。夫婦の共同チームで作られた本だという観点でもう一度読み直してみます。

Burn for Me: A Hidden Legacy Novel
By Ilona Andrews

英語ブログ 英語リーディング

Restoration

小説を読むとき、「もし自分だったらどうするだろう」と考えることがあって、
ありえない状況に置かれたときのこと想像するのだけど、今回は自分の恋人が死んでしまった女性Graceが主人公。

消防士の仕事中に死んでしまった彼氏John。夢でJohnに逢って目が覚めてを毎日繰り返すこと1年。心機一転、アメリカからイギリスに移動し、新しい気持ちで始めようと切り替えたのに、Johnとビックリするくらいソックリな男性Drewと出会ってしまったら、それは彼女にとって幸運なことなのでしょうか。

もう二度と会えない死んだはずの彼氏が目の前にいて、動いていて、名前を呼ばれたら、どんな感情がGraceの中で巻き起こるでしょう。

そして、Drewも、自分の好きにな女性が、じつは自分とソックリな男性と付き合っていて、しかもその彼氏はもう死んでしまった、という状況を受け入れることができるでしょうか。自分と死んだ彼氏を比べているのでは?自分が、死んだ彼氏とソックリだから、彼女は自分を好きになったのだろうか?など、なかなか納得できない気持ちが渦巻くでしょう。

読んでいて複雑な気分でした。

タイトルのRestorationは日本語にすると「復元、回復、修復」。このタイトルにはいくつかの意味が絡んでいて、Graceの仕事は、古い建築物の復元することだし、故人を悼む気持ちからGraceが回復する意味もあり、新たな関係をうまく構築できないGraceとDrewの関係の修復、と物語を通して絡んでいます。

Restoration; A Golden Beach Novel
By Kim Laraine

下の本も読みました。

Waking up Married
By Mira Lyn Kelly

In serach of a love story
By Rachel Schuring

Legally Yours
By Nicole French

英語ブログ 英語リーディング