The Luckiest Woman Ever

Molly Sutton Mysteries シリーズの第2弾。このシリーズは全7冊です。

離婚をし新しい生活を始めるためにアメリカのボストンからフランスのCastillacという村でB&Bを始めることにしたMolly Sutton。ゆったりとした村での生活で、落ち着いた生活をするはずだったのに、なぜか事件に遭遇してしまいます。cosy mysteryといわれるミステリーです。

B&Bは、イギリスやヨーロッパではよくある宿泊施設で、寝室(bed)と朝食(breakfast)を提供してくれます。ホテルよりも家庭的で個人経営が多く、個々のB&Bに個性があり、金額もサービスや施設の質も千差万別です。

イギリスでもアメリカでも、フランスは憧れの対象です。食材の豊かさだけをとっても、農業国のフランスでのB&B経営という設定だけで、。

私はあまりフランスに詳しくないのですが、「パリではなく田舎に行かないと、フランスの良さはわからない」とよく言われます。イギリスも、ロンドンと郊外では全く別の雰囲気で、私もイギリスの郊外が好きなので、この本でちょっとフランスの郊外を楽しみました。

昔は大好きだったcosy mystery(ちなみに、イギリス英語ではcosy、アメリカ英語ではcozyです)。が、読んでいてイライラすることが多くなって、最近は読まなくなってきました。特にシリーズもの。なぜ、ばったり犯罪に遭遇した素人が解決できるのか、まして、それがシリーズのように続くのか。設定に無理がありすぎる。食傷気味です。

まぁ、部屋にこもって、お茶を飲みながら、のんびりフランスの雰囲気に浸るのも、なかなか素敵な雨の日の過ごし方かなぁ。

The Luckiest Woman Ever (Molly Sutton Mysteries Book 2)
By Nell Goddin

英語ブログ 英語リーディング